ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)  Play リリース (動画も)

デイヴ・グロール(フーファイ)が オモシロイ企画でフーファイでなく個人名義で曲を発表した。

23分!!のインスト!!!

ロックを演奏する楽しさを伝えたい。

また、失敗したら最初からやり直すという昔ながらの手法でこの23分を

全パートを自ら演奏してトライしました。

失敗したらその部分だけ簡単に直したり、1小節だけ演奏してその箇所を繰り返すところは簡単にコピペ出来るという現代においてあえてアナログ炸裂な方法で自らがやる(Play)することでその楽しさを伝えようという意図のようです。

おもわずニンマリ。

けれども、もう一つ大事な側面もあると感じています。

 

これ現代において曲として発表するには、過剰な企画です。

この過剰さ、(インストということや曲の長さ)こそ昔ながらのROCKを感じます。

なんかロックが衰退している音楽界において清々しいデイヴ御大のロックな企画です。

以下レコード会社から(よくOKしたなぁ。レコード会社もあっぱれ!)のリリースです。 この曲の動画も貼りました。ぜひどうぞ!

 

Y

 

以下ソニーミュージックジャパンからのプレスリリースより

ロックの伝道師=デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)が、またもやロックファンをニンマリさせるオモシロ企画を発表した。23分のインスト曲を書き(ここまではデイヴのレベルでは普通かもしれない)、その全ての楽器をリアルタイムで“ライヴ”レコーディングし、その映像を同時に撮影、公開するという。この作品は8月10日(金)に、オーディオ/映像ヴァージョンそれぞれが同時に配信リリースされる。

このプロジェクトでデイヴは、リードギター/サイドギター/ベース/ドラム/パーカッション、そしてこれまでの作品では決して演奏したことは無かったキーボードとビブラフォンに挑戦。映像では初挑戦の楽器に悪戦苦闘し、間違えを繰り返す姿も隠すことなく見せている。楽器経験のある方には解るはずだが、リアルタイムでのライヴ・レコーディングとは即ち間違ったら全て一からのやり直しを意味する根気のいる作業であり、しかも今回は未経験の楽器を含めて7つのパートで挑戦しているのだ。

では何故にデイヴ・グロールはそのような事をしてみせたのか?

それはひとえに、アマチュアであろうがプロであろうが、子どもであろうがデイヴのような49歳の大人であろうが、誰もが楽器演奏を学び懸命に練習した上でようやくものにし、そして新しい音楽を創造する、という喜びに飽きることは決して無いということを証明する為だ。

今回の映像作品の中でデイヴは、「演奏=Play/プレイ」を学ぶという事が、人々にとっていかなる意味を持つのかを理解する為、<ジョイン・ザ・バンド>(LAにある音楽教室)で子供たちにインタビューをしている。そして、放課後のセッションと寝る間も惜しんでの努力を通じて、彼らはデイヴが経験したそれと全く同様の悪戦苦闘、フラストレーションを経験し、そしてインスピレーションを得ているのだという事を知るのだ。

テクノロジーの進化、そしてPCの普及によって“手軽”かつ”修復可能な”形での音楽制作が可能となった今もなお、何故に人々は気の遠くなるような時間と根気が必要な楽器演奏=Play/プレイ(“Play”は英語で“楽器演奏”の他に“遊び”も意味する)に夢中になるのか?

「プレイ」はその魔法のタネが鮮やかに映し出された作品となっている。

 

 

 

今日は6月9日 69(ロック)の日

ロックは音楽のジャンルのことでもあり
時にファッションであり
生き方でもある。

またジャンルというと他のジャンル、ジャズやクラッシックなど
を飲み込んだり融合したりして〇〇ロックなどとロック内のジャンルを拡げてきた。

 

ロックンロールがロックの始まり。
そんな始まりのチャックベリーを師とするキースなんかはロックが拡がっていった時代の
数十年後、コンピューターも導入されはじめたころにこんなことを言っている。

 

『最近はロック、ロックというけどロールはどうした!』

ロールしないロックはロックじゃないというアンチテーゼ。

 

それがここ最近、ロックがかつてないほど下火だ。

ラッパーこそラジカルな存在でよっぽどロック(生き様が)していると言われたりもする。

ロックというたった一つの音楽ジャンルがいろいろな音楽を取り込み他の芸術(ファッションや映像や)
ともコラボして生き様にまでなった。
産業的にもアートとしても成功事例を生み、生き方のスタイルとしても提示して見せた。
そのロックが下火だというのは、なくなる(絶滅)ことの啓示ではなくて新たなロックを時代が待っていると
いうことなのだと思う。

ビートルズストーンズツェッペリンピストルズ。ローゼスやガンズ。
カリスマと呼ばれるそんな過去を一変してしまうHEROが誕生する前触れに違いないと思う。

こんなロックのような存在が他の業態やライフスタイルやアートにも今の時代はいろいろあるように思えてならない。

ロックが下火と言われる時代背景はロックはロールするべきという”残すべきものの継承”と新しい何か(SOMETHING)
という”変えるべきこと”が最高の形で融合されるものであろうと予測出来る。

X japan(yoshiki) コーチェラで遂にマリリン・マンソンと共演が実現!

 

1週目も話題になったコーチェラのX japanですが2週目には直前に告知されていたサプライズゲストのマリリン マンソンが登場しました。

 

 

 

以前より「親友だ」とマリマンが公言していたヨシキとの共演という形で実現しました。

 

マリマンの持ち歌となっているユーリーズミックスのSWEET DREAMSをヨシキがピアノを奏でてマリマンが熱唱しました。

二人は一緒に曲作りをしているとも話しており今後はX以外でも新しい形で音源が発表されるかもしれません。

ここ数年はニューヨークのMSG、ロンドンのウエンブリーアリーナなどの公演で確実に世界進出の歩みを過去の日本アーチストではなしいえていないことを成し遂げてきましたがそんな中でもコーチェラの出演に加えてマリマンの飛び入りは間違いなくバンド歴史上、世界進出に向けて、最も大きな功績となったと言えます。

今後の動向と世界の反応が楽しみです。

待望の新作は日本アーチスト史上最も期待される世界発売となります。

 

f:id:rocks1969:20180424144416j:plain

X japan コーチェラ2日目のサプライズはマリマンと共演!!

アメリカ・カリフォルニア州で開催される野外フェス「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」の「MOJAVE STAGE」に出演しているXjapanですがYOSHIKIよりサプライズがあると発表されていました。

なんと!!!

 

 

マリリンマンソンが出演します。

f:id:rocks1969:20180419194157p:plain

先週の(14日)コーチェラ1日目も発表されていたとおりガンズ、リンプビズキットのメンバーが日本で行われたフェス直前ライブ同様、参加しましたが今回のマリマンはサプライズ度がまるで違います。

以前よりYOSHIKIとは親友と公言したり一緒に曲を作っていることも伝わっていましたが、満を持して遂に共演が実現します。

1日目もアメリカでの評判が良かったようですが2日目はマリマン効果で一気に名前が広がりそうです。

ステージそのものも、もちろん楽しみですがコーチェラを機に名前が拡がった後のアルバム発売(YOSHIKIの弁、99.7%は出来ている(笑) )も楽しみです。

復活してからもPATA→YOSHIKIのおやすみ等々相変わらずアクシデント続きですが、今度こその世界進出です。

 

「復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS〜YOSHIKI 復活の夜〜」セトリあり

「たかが努力じゃないですか。努力すればできるんですよ。じゃあ、努力すればいいじゃないですか」

復活10周年記念 X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS〜YOSHIKI 復活の夜〜をライブビューイングで見た。

 

f:id:rocks1969:20180413153950j:plain

この日はWOWWOWの生中継もあり全国のライブビューイングもありで時間が押すということはまずないだろうと思っていたが甘かった。

1時間以上押してスタート。流石である。(笑)

 

 

幾多の苦難を乗り越え10年ぶりに復活してから今年が復活10年目。

そんなタイミングで満を持して世界進出の大きな一歩になるであろう今週末にはアメリカ最大級のコーチェラの出演。

その出演直前の復活LIVEとしてお台場のダイバーシティで行われました。

冒頭のコメントは昔ヨシキが発言した名言。

幾多の困難を乗り越え(この方達、特にヨシキにとってはこの冒頭フレーズが通常になるぐらいに困難につぐ困難)いよいよ本当に世界が近づいていると思います。

筆者はXが出だした頃、大学生でした。この頃は学年が2つ違うとボウイ世代とX世代に別れていてという時代です。

筆者はボウイ世代です。そんな頃、後輩達がXのヨシキを崇拝していてという時代。出だした頃や解散後はとても悲壮感が漂っていました。

正直この頃はそんな悲壮感も演出なのではと冷ややかに見ていたりしていました。

復活後は自伝や最近の映画We are Xなど壮絶な過去が次々と知れ渡りあの時代(最初にバンドが出始めた90年台)の悲壮感漂う雰囲気は演出でもなんでもなく事実とわかりました。

常にせつないメロディにはヨシキの人生が間違いなくこもっていると感じます。

ステージ上のMCでヨシキが七転八起ならぬ100転び101起きると言いましたが本当にそんなすごい人生です。

しかしそんなたいへんなこと超えてある今がどうかというと・・・。

なんだか全編を通して“多幸感”を感じるものでした。

先日放映された金スマでの一コマ。

MCの中居正広が「人は乗り越えられない壁は与えられないと言いますが・・・。」と壮絶な人生を番組で振り返った後にコメントしたときにヨシキが答えます。

「その言葉が大好きだ」

自分にこの困難があるのは自分が乗り越えられるからと今のヨシキは考えているはずです。

コーチェラ成功を祈願しております。

最後の最後、曲“X”を終えてステージを降りる際にヨシキが叫びました。

「負けねーぞ!!!」

とても力強く響きました。

 

2018/4/11(水) Zepp DiverCity

  1. Jade
  2. Ruty Nail
  3. Kiss the Sky
  4. V.(with Wes Borland from Limp Bizkit
  5. Guitar Solo
  6. DRAIN
  7. Violin Solo
  8. Beneath The Skin
  9. Forever Love
  10. ART OF LIFE
  11. 紅(with ミヤ from MUCC

アンコール

  1. ENDLESS RAIN 
  2. Born To Be Free
  3. X

 

 

星野源 ドラえもん 遂に発売! <ここが凄い!> 初日10万枚売上でデイリーチャート1位!!

f:id:rocks1969:20180301170614j:plain

年初から話題になっている星野源ドラえもんが遂に発売されました。

現代において考えうる最高で最強のタッグです。

全世代のお茶の間のアイドル、ドラえもん

音楽アーチストとしてドラマの俳優としてマルチで全ての日本人に人気の星野源

最高最強タッグです。

 

曲は星野源らしさが光り、ドラえもんへの愛とオマージュも存分に活きているという

コラボが1+1=2以上という内容です。

 

 

 

 

まず歌詞ですが・・・。

出演者そのものを出すのではなく言葉で出演者の名前をしのばせるという技術が光ります。

『拗ねた君も(スネオ)静かなあの子も(シズカ)』等。

ドラえもんの表現はAIが日々話題の現代のアンチテーゼのような

『機会だって涙を流して震えながら勇気を叫ぶだろう』

と表現されています。

 

そしてドラえもんのヒーローとしての定義づけが最後の

『何者でなくても世界を救おう』

です。

 

 

最後の一瞬で子供も大人も覚える

『どどどどどどどどど ドラえもん

 

そして音は・・・。

星野源らしさでいうとジャクソン5のような古き良き時代の

モータウンの匂いがありけれども日本のお茶の間(昭和を感じさせる)の雰囲気も感じるイントロからはじまります。

この洋楽に影響を受けている星野源も感じるけれども昭和の日本のお茶の間も感じるというのは何だろうと考えて気づきました。

長寿番組『笑点』のあの有名なテーマのリズムです。

 

そしてこのタイトルをつけて今まで誰もテーマ曲を作らなかった。

そのまさかを堂々と出来るのは今の星野源しかいない。

そう思わせる素晴らしい1曲です。

歴史に残るアニメソングというよりは国民ソングといえます。

星野源は本人も憧れのクレイジーキャッツに追いついた!と感じます。

 

ONE OK ROCKの新曲“Change” 配信開始!!!

f:id:rocks1969:20180217114448j:plain


ONE OK ROCKの新曲“Change”がいよいよ配信リリースされました。

HondaのCM「Go, Vantage Point.」ですでにオンエアされています。

 

 

ロックバンドという今までのイメージで捉えると完全に枠をはみ出して、なんとも表現の仕様のない新しい音が鳴っています。

 

If we’re not moving forward/Then what are we moving for?

(前進しないのなら/僕らは何のために動いているんだ?)

という挑戦的で超ポジティブな問いかけから歌がはじまります。

 

この歌詞に象徴されるように、音でも変革を起こしていると感じます。

 

HONDAのCMが↓これです。

 

https://youtu.be/F2q9OevZh6Q

 

 

警備員がマイケルジャクソン風のダンスを踊ります。

 

 

このイメージがあるからかもしれませんが、リズムがとてもファンキーです。

先に述べたロックバンドの枠組みではトライしないビートです。

そんなロックそのものの既成概念もぶち壊そうという意図も強く感じました。

 

CMのコピー 『GO、Vantage Point.」は見晴らしの良い地点へ!というような意味でしょうか?

 

現在何回目かの大ブレイクしているU2が最初に大ブレイクした時にその時のU2を象徴されるような曲が『Where the streets have no name 』(約束の地)でした。

 

https://youtu.be/GzZWSrr5wFI

 

 

今のワンオクが最初ブレイクした時のU2のような勢いを感じて、かぶって見えます。

この新曲『Change』が世界で大きくブレイクするきっかけになる!そんな風に思える頼もしいそしてずっと先を見据えた曲です。