読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

back numberベストアルバム『アンコール』全曲解説(和訳 有) 2曲目『花束』

 

この歌詞はプロの方々が絶賛していると聞きます。

恋愛ソングはだいたいはじまりか、上手くいかないか、終わりというのがほとんどです。

恋愛中のしかもめちゃくちゃ盛り上がっている・・・というわけではないという状況が歌にあることはほとんどありません。

普通に続いていてそれこそ歌に出来るような状況ではないからです。

プロの方が絶賛するのは、その歌に出来るような盛上り(プラスでもマイナスでも)がない

普通に恋愛中を歌にしているからだと思います。

こんな詩人は今までの日本の音楽史上いなかったのではないかと思います。

 

なんせ出だしが・・・・『ねぇどう思う?』『んんどうかな?』です。

そしてタイトルが凄すぎます。

花束という曲や花束を〇〇という花束を使ったタイトルはそれこそたくさん、たくさん世の中にあります。

何が凄いか????

なんと歌に花束は一言も出てきません。

この歌そのものが彼女に贈る花束という感じですね。

 

これも普通ではないところです。

 

もうタイトルに花束が入ると歌の締めは九分九厘『君に花束を贈ろう』です。

 

歌詞の作り方(合わせ方・当てはめ方)はいろいろですが、メロディの尺に合わせて言いたいことを曲の都合で合わせるという方がほとんどだと思いますが、清水さんはその曲に引っ張られる歌詞・・・とか逆に歌詞に引っ張られるメロディというのがまったくない、妥協しないタイプの方だと思います。

メロディに合わせて歌詞を入れたように思われる箇所をよく聞くとそれがわかります。

『ごめんごめんありがとうごめんくらいの』ところです。

『ありがとうよりごめんの方が多めになる』と言います。

そうするとその後の『バランスになる危険性は少し高めだけど』

は「可能性は少し高めだけど」になります。

 

ありがとうよりごめんの方が高めと言われるより・・・・。

ごめん 3 でありがとう 1を表現する方がより伝わるということ。

 

そして歌詞にメロディをのせる(もしくは逆)と考えた場合もとてもこの方がメロディが際立ちます。

この『ごめんごめん~』の箇所が2題目でどうなるかというと

『君とならどんな朝も夜も夕方だって』になります。

この名フレーズをもう一回安易に繰り返すことも出来ます。

それをせず歌の流れから1回目『お詫び(これからもごめんの方が多いかも)』で

2回目『思いを伝える(君とならなんどきも楽しくいられる)』に進んでいることで

安易に繰り返さず、しっかり思いを歌詞に託しています。

 

回りくどく説明しましたがほとんどの曲は1題目が出来たら、2題目は半分を1題目のコピペするとことろを2題目でもう1曲作るぐらいのエネルギを割いて作っていることがよくわかる1題目と2題目だと思います。

その妥協しない歌詞の状況で同じメロディの箇所なのに若干メロディが変わっていたりもします。

さらっとなんてことない日常を歌にしてしまう才能と淡々と歌っているのに実は心削るぐらいの思いで曲を仕上げているという努力にただただ脱帽です。

 

 

 

花束

 

どう思う?これから二人でやっていけると思う?


んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいたいと思ってるけど
そうだねだけどさ最後は私がフラれると思うな
んんどうかなぁでもとりあえずは
一緒にいてみようよ


浮気しても言わないでよね
知らなければ悲しくはならないでしょ
信用ないなぁ僕は僕なりに
真っ直ぐに君と向かい合いたいと思ってるよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
思い出す度にニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ
そりゃケンカもするだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
ごめんごめんありがとうごめんくらいの
バランスになる危険性は少し高めだけど
許してよ

今までの僕は
曲がった事ばっかだった気がするんだよ
だからせめて君のとこには
まっすぐにまっすぐに走ってくよ

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
甘い甘いこの気持ちを二人が忘れなければ
何も問題はないじゃない
ケンカもするんだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
君とならどんな朝も夜も夕方だって
笑い合って生きていけるんじゃないかと
思うんだよ

どう思う?これから二人でやっていけると思う?
んんどうかなぁでもとりあえずは
僕は君が好きだよ

 

back numberベストアルバム『アンコール』全曲解説(和訳 有) 1曲目『高嶺の花子さん』

 

今日より久しぶりにブログを更新していきます。

現在ツアー中のback numberの昨年末に出たベストアルバムの曲を1曲づつ解説していきます。

発売から2カ月以上経過していますが・・・。

今人気絶頂でベストアルバムを出して一区切りというところですが、私の勝手な予想ですが今が頂点というよりこれから、(特に次回作)音楽的には何か飛躍的に覚醒するのではと感じております。

という訳でベストアルバムを1曲づつ解説していきます。

そんなバクナンの代表曲からです。

この主人公の感じはバクナンの代表的な登場人物です。

普通の人でどちらかと言えば冴えない男性寄り。

好きな人が上の上のたか~いところにいる、それこそモデルような男性と付き合うような女性。

そして夏にそんな高いレベル(高嶺)の女性のことを思い、僕のものになれば・・・という妄想をしているという設定です。

相手(女性)の設定もそうですが、相手の彼も勝手な想像のまま具体的に描かれます。

その男性を表現することでより好きな女性が高嶺になるという、素晴らしい表現方法だと感じます。

このフレーズが凄い!という感じではなく、なんとなく微笑ましい普通にありそうな表現がありそうでない・・・思わず共感してしまう・・・。

清水という詩人の凄いところが凝縮した代表作です。

 

 

『高嶺の花子さん』

 

君から見た僕はきっと ただの友達の友達
たかが知人Bにむけられた 笑顔があれならもう 恐ろしい人だ
君を惚れさせる 黒魔術は知らないし 海に誘う勇気も車もない
でも見たい となりで目覚めて おはようと笑う君を
会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか
夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ
生まれた星のもとが 違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で
僕のものに なるわけないか
君の恋人になる人は モデルみたいな人なんだろう
そいつはきっと 君よりも年上で
焼けた肌がよく似合う 洋楽好きな人だ
キスをするときも 君は背伸びしている
頭をなでられ君が笑います 駄目だ何ひとつ 勝ってない
いや待てよ そいつ誰だ
会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか
夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ
君が他の誰を 気になっていたって 偶然とアブラカタブラな力で
僕のものに
この胸の 焦りに身を任せ 君のとこへ走ったとして 実は僕の方が
悪い意味で 夏の魔法的なもので 舞い上がってましたって 怖すぎる
オチばかり浮かんできて
真夏の空の下で 震えながら 君の事を考えます
好きなアイスの味はきっと
会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか
夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ
生まれた星のもとが違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で
僕のものに なるわけないか

 

ONE OK ROCK 新作「Ambitions」全曲解説(和訳 歌詞有) 14曲目『Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)』

TAKAのボーカルが際立つ名作 

 

いよいよ最後の曲です。出だしのコーラスはリバーブが深くかかっていて本アルバムの4曲目の『We are』を思い出させます。このイントロの感じはプロデューサーの得意とする手法なのかもしれません。

音数が極めて少ないアレンジです。

今回TAKAの歌唱力や表現力の進化が際立っていると感じますがこの曲など特にそれを感じます。音数が少ない分ボーカルが際立って聞こえます。

またサビの印象的なメロディを力強く歌い上げるところはこの曲の中でもボーカルのうまさがあるから成り立つアレンジとメロディと思いました。

バンドのケミストリーを感じるグルーブ感、TAKAの歌い手としての表現力とまさに今のワンオクは最強です。

 

 

『Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)』

 

君が望む物を持って行きなよ

君が望む物を持って行きなよ そして行くんだ

(日本語はじまり)

過ぎ去った嵐のあとの静けさに

たたずんだ となりに君はもういない

(日本語 終わり)

僕らの壊れてしまった家では 望む物なんて何も無い

思い出じゃなく もう既に手にしているものでもなく

壁にかかった僕らの写真でもない

だからさ 君の欲しいものを持って行きなよ

(1)僕の声が聴こえる?

聴こえるように頑張ってるんだけどな

静寂はまるでハリケーンのように僕らに襲いかかる

今君のために歌っているんだ

そして君は僕に向かって叫んでいる

降り注ぐ雨の中では 君の涙を見ることさえ難しいんだ

君が望むものを持って行きなよ

君が望むものを持って行きなよ そして行くんだ

今すぐ行くんだ

未だに覚えてるよ

君のことを まるで安らげる家みたいに思えた時のことをね

僕と君は 偉大な未知の世界に2人で立ち向かっていた

君は僕の人生そのものだった

でも今は僕の人生の中にはいない

それが人生というものなんだろうなと思うよ

(1)

持って行きなよ

僕が持っておく理由は無いからさ

ずっと持っておきなよ

僕は要らないからさ!

君が望む物を持って行きなよ

君が望む物を持って行きなよ そして行くんだ

(1)

 

 

ONE OK ROCK 新作「Ambitions」全曲解説(和訳 歌詞有) 13曲目『Start Again』

 

出だしのtakaのハミングとシンセのユニゾンがこの曲の印象をほぼ決めていると言えます。

♪wa    a a aa aa aa a a♪

思わず口ずさみたくなる印象的なフレーズ。

そしてコーラスの後 ギターの強いダウンピッキングで始まるロックンロールです。

歌詞はあえて日本語で歌われる箇所の

『幸せの定義は誰にもわからない 決める必要はない その溢れた感情が

幸せと呼べる日々を作れ』という力強いメッセージが印象的です。

昔から変わらないワンオクらしさが前面に出た力強いロックです。

ハミングの箇所、大合唱になるライブで盛り上がれる曲です。

 

『Start Again』

ここが僕が自分の中で線を引いた場所なんだ

数え切れないほどこういう戦争を見てきた

心の平和を探し求めてるんだ

今では 君は僕ら自身を憎んでいる

望みを言うなら、、然るべき道へ

彼らにとっちゃ僕らは目の上のたんこぶなんだろうけど

(1)僕はいつだって完璧なわけじゃない

でもいつだって僕は僕なんだ

もし君が僕に価値が無いと思うなら

他をあたってくれ

僕は自分自身という存在について謝るつもりは無いよ

新しくスタートするにはこれが最後のチャンスなのか?

(日本語歌詞はじまり)

幸せの定義は誰にもわからない

決める必要はない

その溢れた感情が

幸せと呼べる日々を作れ

 (日本語歌詞終わり)

 

(1)

容易い話ではないのは分かってる

君はいつでもここに残ることだって出来る

それが正しい判断だとは限らないってことも分かってる?

(1)

 

 

ONE OK ROCK 新作「Ambitions」全曲解説(和訳 歌詞有) 12曲目『Von Voyage』

 

2曲続けて(10,11曲目)バンドサウンドをぐっとおさえたPOPソングが続きました。

そしてこの12曲目で再びギターサウンド中心のバンドサウンドに戻ります。

メロディはワンオク節でぐいぐい押します。

特筆すべき点はイントロです。

ギターとシンセのユニゾンのフレーズとギターカッティングに合わせて動くリズム隊(ベース・ドラム)の箇所です。

これぞ今のワンオクが誇れるバンドグルーブです。

3人の(ギター・ベース・ドラム)醸し出すノリがこの曲の全てと言えます。

どれだけテクニックのあるミュージシャンを集めて音を鳴らしても、一緒にやってきたバンドにしか出せない音というものがあると思うのですが今のワンオクはまさにワンオクにしか出せないバンドの音になっています。

その一体感・ノリが最大限に楽しめる曲です。

ライブで聞きたいですね~。

 

『Von Voyage』

気づくには少し時間が必要だった

状況が良くなることは無いってことに

僕らは理解するべきだ

もう終わったんだってことを

君は僕の方とは反対側を見ている

難局を切り抜けようと努力はしてみたけど

僕らは理解するべきだ

あの夜は終わったんだってことを

(日本語歌詞始まり)

熱が二つを引き合わせ

冷めてしまえば

(日本語歌詞終わり)

 

決して状況が好転することは無い

(1)状況が変わらないことは分かっている

航海に出よう

赤道線まで下りよう

帆を上げる時だ

 

(2)僕らは同じことの繰り返しに囚われてしまっている

航海に出よう

赤道線まで下りよう

成すがままにしようと思うよ

 

君が別の人生を見つけてくれることを願うよ

たぶん君なら より良い状況に持っていけるはずさ

僕らは理解するべきだ

もう終わったんだってことを

君と共に暮らす前に1人で過ごしていた時間を懐かしく思うよ

僕らは理解するべきだ

あの時間は終わったんだってことを

(日本語歌詞始まり)

熱が二つを引き合わせ

冷めてしまえば

(日本語歌詞終わり)

決して状況が好転することは無い

(1)

(2)

 

 

 

ONE OK ROCK 新作「Ambitions」全曲解説(和訳 歌詞有) 11曲目『One way Ticket 』

 

タイトルから想像すると激しいロックではと思ったのですが、曲調は前曲と似ているPOPな曲です。

片道切符は人生かけるという意味の切符でなはなく、恋愛ソングで好きな相手への片道切符ととれる内容です。

ロックバンドはとかくそれぞれの楽器が主張しあい、シンセを多めに使ったPOPな曲を避けがちですがこうして10曲目のListenと11曲目の本曲でしっかりPOPな曲も収録するところが世界に出ていくという覚悟(幅広いリスナーに訴える)を感じます。

曲にとって何がベストか(アレンジ)を考えたうえで、アルバム(作品)のバランスを考えて収録曲を決めるということがアルバムを一つの作品としてみたときに秀逸な作品と感じます。

 

 

『One way Ticket』

あの夜を覚えてるよ

君を置いてかなくちゃいけなかった

君は大丈夫だよと言った

そして僕は君を信じていた

君は知ってる

僕がさよならを言うのが得意じゃないこと

君なしじゃ上手くやってけないこと

君のそばにいるほうが良いに決まってるさ

(1)君と一緒にいれたらと願うよ

君はいなくて大きな喪失感を味わっているんだ

(2)この誰もいないベッドの中で

めいっぱいの孤独を感じてる

めちゃくちゃ混乱してるんだ

片道切符が必要だよ

 

(3)君のいる場所は すなわち

僕が行きたい場所さ

君は僕自身であるとさえ言えるよ

手に入れる方法は厭わないからさ

片道切符が欲しいよ

君がそばにいないから

最近 すごく退屈なんだ

あの日曜の朝みたいに

何でもないことが出来たらなと願うよ

君と共に朝目覚めて

僕らがしたいことをしたいようにやるだけでいいっていう風にね

僕の心は君の行く場所と共にある

もちろん家で一緒にいる時もね

(1)

(2)

(3)

(2)

 

ONE OK ROCK 新作「Ambitions」全曲解説(和訳 歌詞有) 10曲目『Listen』

 

ほぼ全体を通してギターが全面に出ていてロック色、そしてバンドの生音が強い印象の新作ですがここで10曲目と11曲目はPOP色が強い曲になります。

バンドの生音より打ち込みやシンセが中心の構成です。

そしてなんといっても本曲の特徴はアヴリル・ラヴィーンとのデュエットです。

今までもいろんなアーチストと共演がありましたが私的な意見が少し入りますがこれほどメジャーなアーチストとの共演はなかったのではないでしょうか?

曲もPOPで幅広く受けそうなタイプですし、この曲が全米でブレイクする大きなきっかけになるのではと期待が膨らみます!!

 

『Listen』

君はいつも 後悔の気持ちでいっぱいだと

僕に電話をかけてくる

君はもう一度僕に救って欲しいみたいだ

この何年か 日々は過ぎていったけど

君が数え切れないくらいの失敗をしているのを見てきた

誰だって間違いを犯すんだ

君が傷ついているのを見るのは辛いよ

その痛みから 教訓を得るんだ

それが君が道を見つける方法だよ

僕がまだその場所にいることにも

君は大きな喪失感を感じている

これ以上ないくらいに空は真っ暗で

傷跡だけがこれまでの道のりを物語っているんだ

僕は友人である君に 大いなる親愛の情を持っているよ

人生というのは最後まで 乗るかそるかなんだけど

でも君だけが君自身を救ってやれるんだ

ただ耳を傾けて

聞いてくれ

分かってくれることを願ってる

聞いてくれ

君を行かせたくはないんだ

僕は 日々経験する痛みから君を救ってあげたいんだ

そして僕が君に言えることは 最も価値のあると思うことをやりなよってこと

聞いてくれ

君の心に届きますように