読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

レッドツェッペリン フィジカルグラフティ全曲ガイド 4曲目 聖なる館

 

レッドツェッペリン フィジカルグラフティ全曲ガイド 4曲目は 聖なる館です。

このタイトルからすぐ想像出来ますが、前回のアルバム時に収録された曲、新録ではない方の曲です。前回のアルバムタイトルが『聖なる館』。この『聖なる館』アルバムの次に発売された『フィジカルグラフティ』の3曲目に収録されている曲が聖なる館。

なにやら、混乱してしまいますが、タイトル曲であってもアルバムの全体像から合わないと外してしまうという何とも大胆な発想です。

またそれだけ当時のツェッペリンは次から次からと曲が湧くように出てきていたことも創造できます。

 

 

さて肝心の曲ですがリフマスターのペイジで軽めの曲です。

プラントも少し力を抜いて歌っている感じです。

 

と、普通のバンドならここで終わるのですが、やはりそれだけではないのがツェッペリンです。メインリフ2小節を4回続けて1セットになっているのですが・・。これがサラッとやっているのですが、面白い隠し味が隠されています。

2-2-3-1。(暗号ではありません)

2小節のリフの最後にAのコードをジャッ・ジャッ(2回の場合)とカッティングするのですがこのジャッ!ジャッ!が1回目は2回。2回目は2回。3回目は3回。4回目は1回。

・・・・と、サラッと聞くと特に意識せず最後まで聞いてしまうのですが、この微妙~な違いがやはり無意識に聞いても印象に残るトリックとして活かされています。

流石と唸ってしまいます。