読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

レッドツェッペリン フィジカルグラフティ全曲ガイド 10曲目(2枚目4曲目) テン・イヤーズ・ゴーン

 

レッドツェッペリン フィジカルグラフティ全曲ガイド 10曲目は テン・イヤーズ・ゴーンです。

レインソングを彷彿させます。

カシミールとインザライトのような壮大な雰囲気を持つ曲です。

 

ただ、驚きなのはカシミールやインザライトのような壮大な雰囲気があるのに、先の2曲はシンセ等の鍵盤がフューチャーされているのに対してこの曲はほぼほぼギターだけで、壮大なオーケストラのような雰囲気を醸し出しています。

どうも10トラック以上のギターが重なっているようで、とてもドラマティックな仕上がりの曲です。

この曲の原題は当初スワンソングと言われております。(白鳥の歌だ!とスタッフが言ったとか・・・)

そうです!結局タイトルは変わりましたがレコード会社を立ち上げた際に、原題のタイトル(スワンソングレコード)と言われております。