読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

ローリングストーンズ スティッキーフィンガーズ全曲ガイド 6曲目 ビッチ

 

ローリングストーンズ スティッキーフィンガーズ全曲ガイド 6曲目はビッチです。

ギターリフとリフの合間のギターのオブリ、そしてミックの下品な歌い方が最高です。

曲のタイトルが『ビッチ(あばずれ)』!!

当時世界一有名な不良バンド(!?)だったストーンズの真骨頂です。

この単音のギターのオブリも最後のソロも一聴してキースとわかるのですが、リフも長年キースと思ってました。

主要なリフ=キースというイメージからです。

 

しかしながら、リフは全編において、72年のLIVEが数年前に映像化され、見るとLIVEではミックテイラーが弾いています。

で、そんなライブを見て、改めて聞いてみると、ん~リフはミックテイラーに聞こえる。

 

もしかしたら・・・・リフを考えたのもミックテイラーではないか、と思ってしまいます。

 

 

と、言う訳で本来単音のオブリやソロはもっぱらミックテイラーでリフやバッキングがキースですが、通常の役割分担が入れ替わっている『ビッチ』です。

 

タイトでシャープな物凄くかっこよい、バンドサウンドに仕上がっています。

リフのユニゾンで入りボビーのサックスも最高です。