読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

キース・リチャーズ 新作『クロスアイド・ハート』全曲解説 7曲目『ナッシング オン ミー』

 

キース・リチャーズ 新作『クロスアイド・ハート』全曲解説 7曲目は『ナッシング オン ミー』です。

Aメロ出だしでしぶ~~い声のキースが最初からタイトルの♪ナッシング オン ミー♪と囁くように歌メロがはじまります。

キースのボーカルではよく例えられますが・・・・トムウェイツのようです。

渋い!!

ここでは1小節ごとに頭で1回だけジャラ~ンと鳴らすギターのコードストロークについてふれたいと思います。

 

コードをジャラ~ンと鳴らす=キースといってもいいぐらいコードストロークリズムギター)にこそキースのギターの神髄があります。

 

 

ジャンピンのようにジャッ!ジャ~と短く切ったり、強く一気に鳴らしたり・・・。

そして、ためてためて独特の間を持たせてコードを鳴らしたり。

この楽譜では表現しきれないタイム感が魅力なのですが・・・。

 

この曲は鳴らし方が素晴らしいと感じます。先にのべた小節ごとの頭のじゃら~んが一気に引くのでなくゆっくり(アルペジオのように)ストロークされます。

このミディアムテンポのロックンロールのムードを最初のじゃら~んだけで作ってしまっているということに感動します。

コードの1音で曲の雰囲気決めてしまう人って・・・私、キースをおいてほかに知りません。ぜひ最初のじゃら~~ん、注目して聞いて見てください。