読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

「大エルミタージュ美術館展  オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」テーマソング  宇多田ヒカル 新作アルバム『Fantome』 全曲解説 5曲目『人魚』 

「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」のテーマソングに決定

 

 

 

f:id:rocks1969:20161027221835j:plain

やさしいハープに導かれぐっとおさえた感じで歌がはじまります。

静かで誰もいない朝の海という情景が浮かびます。

最初ハープと歌だけという始まりが気づくと(本当にそんな感じ)ドラムが途中から

加わります。ドラムも絶対に主張しない大人なドラムなのですが、だからこそ相当

上手いと感じます。スローな曲ですがドラムが単調になりやすそうな曲に独特の

“ノリ”を出しています。さりげなく入れるドラムのロール等々、最後まで飽きさせな

い曲に仕上げているという役割をはたしていると思います。

 本曲が「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」のテーマソングに決定しました。

 

≪以下引用≫ 著作権法の第32条引用を参考に歌詞カードより引用しています。

人魚

不思議とこの場所へ来ると
あなたに会えそうな気がするの

水面に踊る光に誘われて
ゆっくりと靴紐解くの

シルクのブラウスが濡れるほど
黄昏が胸の奥 滲んでしみる

水面に映る花火を追いかけて
沖へ向かう人魚を見たの

真珠のベッドが揺れる頃
あなたに会えそうな気がしたの

ほら ほら 東の空から聴こえる
ほら ほら ララララ ララララ ルルルル
ほら ほら まだ 帰れぬ