読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

スティーヴィー・ワンダー、民主党大統領候補 ヒラリー・クリントンの誕生日に歌のサプライズで“Happy Birthday”を熱唱!!

スティービーワンダーが大統領候補のヒラリークリントンの誕生日時に出演したラジオ番組にサプライズゲストとして出演した。

「僕が信じていることが書かれたものを身につけたかったんだ。僕はスタジオに来れてとてもうれしい。長年尊敬し、愛してきた人物をサポートできることが、とてもうれしいんだ。正直に言って、僕たち男性はこれまで(大統領の仕事を)やるチャンスは長いことあった。今はもう女性に大統領の仕事をやってもらう時期だよ」と述べた。

 

またクリントンをサポートするのかという質問に対して「ヒラリーは自分が過去30年間やってきたことよりもずっと深いことを話すからだよ。ヒラリーのスピリットには、彼女の両親が彼女に伝えてきたことや学んだことがベースにあるからだと思う。人はお互い尊敬しあい、自分だけでなく、すべての人がプライドを持つよう、理解しているからだと思う」と答えた。

これからの大統領選、クリントン陣営にとっては大きな追い風になりそうだ。

 

スティービーワンダーが大統領候補のヒラリークリントンの誕生日時に出演したラジオ番組にサプライズゲストとして出演した。

「僕が信じていることが書かれたものを身につけたかったんだ。僕はスタジオに来れてとてもうれしい。長年尊敬し、愛してきた人物をサポートできることが、とてもうれしいんだ。正直に言って、僕たち男性はこれまで(大統領の仕事を)やるチャンスは長いことあった。今はもう女性に大統領の仕事をやってもらう時期だよ」と述べた。

 

またクリントンをサポートするのかという質問に対して「ヒラリーは自分が過去30年間やってきたことよりもずっと深いことを話すからだよ。ヒラリーのスピリットには、彼女の両親が彼女に伝えてきたことや学んだことがベースにあるからだと思う。人はお互い尊敬しあい、自分だけでなく、すべての人がプライドを持つよう、理解しているからだと思う」と答えた。

これからの大統領選、クリントン陣営にとっては大きな追い風になりそうだ。

 

≪以下引用≫ 著作権法の第32条引用を参考に歌詞カードより引用しています。

『Happy birthday』

 

You know it doesn't make much sense
There ought to be a law against
Anyone who takes offense
At a day in your celebration
'Cause we all know in our minds
That there ought to be a time
That we can set aside
To show just how much we love you
And I'm sure you would agree
It couldn't fit more perfectly
Than to have a world party on the day you came to be
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
I just never understood
How a man who died for good
Could not have a day that would
Be set aside for his recognition
Because it should never be
Just because some cannot see
The dream as clear as he
That they should make it become an illusion
And we all know everything
That he stood for time will bring
For in peace our hearts will sing
Thanks to Martin Luther King
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
Why has there never been a holiday
Where peace is celebrated
All throughout the world
The time is overdue
For people like me and you
Who know the way to truth
Is love and unity to all God's children
It should never be a great event
And the whole day should be spent
In full remembrance
Of those who lived and died for the oneness of all people
So let us all begin
We know that love can win
Let it out don't hold it in
Sing it loud as you can
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
Happy birthday to you
Happy birthday to you
Happy birthday
Happy birthday
Happy birthday
Happy birthday
Ooh yeah
Happy birthday
We know the key to unify all people
Is in the dream that you had so long ago
That lives in all of the hearts of people
That believe in unity
We'll make the dream become a reality
I know we will
Because our hearts tell us so

わかってるだろ?
たとえそんなことしても
意味なんかないってことは
法律で取り締まるべきだよな?

頭にきたヤツらから

こんな大事な記念日を

台無しにされたりしないよう

だってみんな頭では

ちゃんとわかってるんだから

どんな人でもその時だけは

その人に感謝する

そういう日がなきゃダメだって

そういう風に思うだろ?

それに一番相応しいのは

この世界にその人が

生まれたその日を記念日にして
世界中でお祝いすることだ

誕生日おめでとう



どうしてもわからない
こんなことでいいんだろうか?
正しいことをするために
命を賭けた人なのに
その人のためにちゃんとした
記念日がまだ決まってなくて
その人のことを十分に
世の中が知らないなんて
やっぱりそれじゃダメだろう
とにかくこの世界には
その人の理想っていうものが
理解できないヤツがいて
そのせいでそんなのは
夢物語ってことになった
だけどみんなわかってる
その人がそのために戦った
ものがいつか実を結ぶって
だってみんな心を込めて
静かにこう歌うから
ありがとう
Martin Luther King
誕生日おめでとうって

今までそういう祝日が
なかったことがおかしいよ
平和だっていうことを
世界中で祝う日が
もうそろそろいい加減
腰を上げなきゃマズイだろ
だってみんなわかってるから
正しいことを実現するには
世界中の人間が
みんなお互い労わり合って
ひとつにならなきゃダメなんだ
派手な祭りにしなくていい
ただその日はずっと一日中
感謝の祈りを捧げよう
世界をひとつにするために
一生を捧げてくれた
そんな偉大な人々に
だから一緒に始めよう
結局最後には
愛が残るものだから
心の中に抱えてないで
自分の気持ちを表に出そう
力一杯歌ってやろう
誕生日おめでとう

誰だって
世界がひとつになるための
鍵の在り処はわかってる
そいつはその人が
ずっと昔に見た夢の
中に今も眠ったまま
みんなの心に息づいてる
世界はひとつになれるって
そう信じてる人の心に
だからそれを実現しよう
きっとやれるはずなんだ
だってそんな気がしてるから