ロックなブログ

洋楽・邦楽の新作や名盤を自分なりの視点で解説します。

感電 米津新曲 (歌詞)

感電

 

 

逃げ出したい夜の往来 行方は未だ不明

回り回って虚しくって 困っちゃったワンワンワン

失ったつもりもないが 何か足りない気分

ちょっと変にハイになって 吹かし込んだ四輪車

 

 


兄弟よ如何かしよう もう何も考えない様

銀河系の外れへと さようなら

真実も 道徳も 動作しないイカれた夜でも

僕ら手を叩いて笑い合う

誰にも知られないまま

 


たった一瞬の このきらめきを

食べ尽くそう二人で くたばるまで

そして幸運を 僕らに祈りを

まだ行こう 誰も追いつけない くらいのスピードで

 


稲妻の様に生きていたいだけ

お前はどうしたい? 返事はいらない

 


転がした車窓と情景 動機は未だ不明

邪魔臭くて苛ついて 迷い込んだニャンニャンニャン

ここいらで落とした財布 誰か見ませんでした?

馬鹿みたいについてないね 茶化してくれハイウェイ・スター

 


よう相棒 もう一丁 漫画みたいな喧嘩しようよ

酒落になんないくらいのやつを お試しで

正論と 暴論の 分類さえ出来やしない街を

抜け出して互いに笑い合う

目指すのは メロウなエンディング

 


それは心臓を 刹那に揺らすもの

追いかけた途端に 見失っちゃうの

きっと永遠が どっかにあるんだと

明後日を 探し回るのも 悪くはないでしょう

 


お前がどっかに消えた朝より

こんな夜の方が まだましさ

 


肺に睡蓮 遠くのサイレン

響き合う境界線

愛し合う様に 喧嘩しようぜ

遺る瀬無さ引っさげて

 


たった一瞬の このきらめきを

食べ尽くそう二人で くたばるまで

そして幸運を 僕らに祈りを

まだ行こう 誰も追いつけない くらいのスピードで

 


それは心臓を 刹那に揺らすもの

追いかけた途端に 見失っちゃうの

きっと永遠が どっかにあるんだと

明後日を 探し回るのも 悪くはないでしょう

 


稲妻の様に生きていたいだけ

お前はどうしたい? 返事はいらない

 

 

日本中が注目しているアルバム(STRAY SHEEP)が8月5日にいよいよ発売されます。

このアルバムには空前のヒット曲のLemonや昨年のラグビーワールドカップと共に盛り上がった馬と鹿も含まれます。

そのアルバムの先行という形でダウンロードが可能になった本作品ですが。

アップテンポで導入のブラスが印象的な作品です。

私はこの方の音楽的な魅力の一つに昔から引き継がれている伝統的なスタイルを

しっかり取り入れているところと新しさという流行を意識するのではなく自分の赴くまま、時には音楽の当たり前を完全に無視することになっても大胆に取り入れるところが見事に融合されているところではないかと思います。

『たった一瞬のこのきらめき』を感電と表現しているところ。

最高です!

 

誰にも言わない 宇多田ヒカル

 いくつもの出会いと別れ

振り返って、思う

一人で生きるより

永久(とわ)に傷つきたい

そう思えなきゃ楽しくないじゃん

過去から学ぶより

君に近づきたい

今夜のことは誰にも言わない

I won’t tell my friends

‘Cause I know they’re gonna worry

I won’t blame anyone else

For what happens to me

完璧なフリは腕時計と一緒に外して

ベッドの横に置いて

一人で生きるより

永久(とわ)に傷つきたい

そう思うのはただのワガママ

罪を覚えるより

君に教わりたい

今夜のことは誰にも言わない

明日から逃げるより

今に囚われたい

まわり道には色気が無いじゃん

I won’t tell my friends

‘Cause I know they’re gonna worry

I won’t blame anyone else

For what happens to me

Can you satisfy me

Boy you know what I need

I just want your body

I just want your body

One way street 照らす月と歩いた

好きな歌口ずさみながら

感じたくないことも感じなきゃ

何も感じられなくなるから

Ordinary Man(歌詞と和訳あり) オジーオズボーン新作タイトル曲

Ordinary Man

 

(Ozzy Osbourne, Andrew Watt, Chad Smith, Duff McKagan, Billy Walsh)

I was unprepared for fame
Then everybody knew my name
No more lonely nights it’s all for you
I have traveled many miles
I’ve seen tears and I’ve seen smiles
Just remember that it’s all for you

 

Don’t forget me as the colors fade
When the lights go down it’s just an empty stage
Ok
Yes I’ve been a bad guy
Been higher than the blue sky
And the truth is I don’t wanna die an ordinary man
I made momma cry
Don’t know why I’m still alive
Yes the truth is I don’t wanna die an ordinary man

 

Many times I lost control
They tried to kill my rock n roll
Just remember I’m still here for you

 

I don’t wanna say goodbye
When I do you’ll be alright
After all I did it all for you

 

Don’t forget me as the colors fade
When the lights go down it’s just an empty stage
Ok
Yes I’ve been a bad guy
Been higher than the blue sky
And the truth is I don’t wanna die an ordinary man
I made momma cry
Don’t know why I’m still alive
Yes the truth is I don’t wanna die an ordinary man

Yes I’ve been a bad guy
Been higher than the blue sky
And the truth is I don’t wanna die an ordinary man
I made momma cry
Don’t know why I’m still alive
Yes the truth is I don’t wanna die an ordinary man

 

 

不意に有名になり
名が知れ渡った
孤独な夜はもういらない、全てあなたのため
何マイルも旅をした
涙を見てきたし笑顔も見た
ただ全てあなたのためだという事は忘れないで

色がかすんでいく様に私を忘れないでほしい
明かりが消えればそこはただ空っぽのステージ
それでいい
そう、私は悪い男だった
青空よりもハイになっていた
本音を言えば平凡な男のまま死にたくはない
母親も泣かせた
まだ生きている理由がわからない
そう、本当は平凡な男のまま死にたくはない

何度も自制を失った
私のロックンロールを殺そうとする者がいた
忘れないで、まだあなたの為にここにいるから

さよならは言いたくない
言ってもきっとあなたは大丈夫
やっぱり全てあなたのためだった

 

 

ここ日本でもコロナでたいへんなことになる直前、全てのロックファンが歓喜するオジー・オズボーン待望の新作が発表されました。

この曲はアルバムタイトルトラックで共演することが想像出来ないようなまさかのエルトンジョンとのデュエットです。

1題目がオジー、2題目がエルトンがメインで歌っています。

これが個性の凄さと思うのはオジーが歌うとどう聞いてもオジーの曲に聞こえるし、エルトンが歌うとどう聞いてもエルトンに聞こえるという。

ミルクボーイじゃないですが『やっぱりオジーの曲だ』「いやオジーじゃない」なんて感じです(失笑)

この二人の大御所が歌う夢の競演にギターはスラッシュという豪華この上ないメンバーです。

 

この新作のメンバーと言えば・・・。

ザックワイルドがいない!!と最初気になりました。

延期になりましたがツアーにはザックが一緒に周る予定だったようです。

 

リズム隊はベースがダフ(ガンズアンドローゼス)ドラムがチャド(レッドホットチリペッパーズ)というこれまた夢のリズム隊。

 

で気になるギターはスラッシュが2曲参加してますが、ほとんどはこのリズム隊をバックに名プロデューサーのアンドリューワットが弾いているそうです。

 

何でもデモの段階でアンドリューがギターを弾いているのを聞いてオジーが『いいからそのままお前が弾け』となったようです。

 

アンドリューワットのプロデュース作品で有名なアルバムといえばポストマローンですが、そこからオジーをプロデュースっていうとイメージが湧きません。

そこで色々調べてわかったのですが、ポストマローンもアンドリューもハードロックが好きというよりどちらかと言えばハードロックをもともとやりたいようです。

アンドリューはグレンヒューズとジェイソンボーナム(ツェッペリンのボンゾの息子さんです)とカリフォルニアブリードというスリーピースのハードロックバンドも組んでいたようです。(これかっこいいです)

 

アンドリューは新作を体力的にも渋るオジーにファンとして復活してほしいという愛を持ってダフとチャドに声をかけてポストマローンにも応援を頼み(ゲスト参加しています)オジーを迎えて乗り気にさせて作り出したというのが今回の奇跡の新作発売の真相のようです。

そんな若手(まだ28歳)のアンドリューと70代のオジーの時代を超えた夢の共演のアルバムと言えます。

今回のアルバムが最高でこのアンドリューって誰?と調べて大好きになり、しばらくして・・・。

このアンドリューがコロナにかかってしまったというニュースを知りました。

一日も早く元気になってほしいです。

 

そこで思い出したことがあります。

コロナのウイルスの元はどうもコウモリと言われていますが、もともとコウモリがウイルスがたくさんたくさんついていて、ウイルスに強い生き物のようで生きているコウモリは(直接人間は感染することはないのかもしれませんが)すごく危険・・・。

そうです!かじったりしたらとんでもない病気になったりするたいへん危険な動物ってそんなもん、かじる人いるのか!?

と、ご存知ない方は何を言っていると思われていると思いますが・・・。

このオジーおじさん、破天荒だった昔、記者たちの前でそれをやっちゃいました。

慌てて病院に連れていかれ消毒したというエピソードがあります。

 

そんなオジーオズボーンからコウモリのイラストが描かれたTシャツとマスクが発売されるようです。これはお守りになりますね!

 

そしてアンドリューワットさん、オジーおじさんがついているから大丈夫と思ったりします。早く元気になってください!!

新曲 Time  宇多田ヒカル (歌詞あり)

Time

f:id:rocks1969:20200510112703j:plain

カレシにも家族にも言えない

いろんなこと

あなたが聞いてくれたから

どんな孤独にも運命にも耐えられた

 

 

 

降り止まない雨に打たれて泣く私を

あなた以外の誰がいったい笑わせられるの?

 

いつも

近すぎて言えなかった、好きだと

時を戻す呪文を胸に今日もGo

 

キスとその少しだけ先まで

いったこともあったけど

恋愛なんかその枠に収まる二人じゃないのよ

(そゆことそゆことそゆこと)

 

大好きな人にフラれて泣くあなたを

慰められるonly oneである幸せよ

 

だけど抱きしめて言いたかった、好きだと

時を戻す呪文を胸に今日もGo

 

ずっと

聞きたくて聞けなかった、気持ちを

 

誰を守る嘘をついていたの?

 

逃したチャンスが私に

与えたものは案外大きい

溢した水はグラスに返らない 返らない

出会った頃の二人に

教えてあげたくなるくらい

あの頃より私たち魅力的 魅力的

 

 

友よ

失ってから気づくのはやめよう

時を戻す呪文を君にあげよう

 

If turn back time

Will be mine?

If turn back time

 

(感想)

ストーリーテラーとしての宇多田ヒカルの力量発揮という

感じの歌に仕上がっています。

カレシにも言えないようなことを打ち明けられるonly oneの相手(友人)。

そんな相手だけど実はかけがえのない友人ではなく恋人として

いてほしい。そんな機会があったのにという後悔を時間が戻せたらと

歌う、その時間(Time)がタイトルです。

 

最初の始まりから徐々にせつない心情に移っていくこの物語性が

秀逸です。

 

 

曲調も日本のPOPとして見ると抜きんでています。

出だしはバラードのようで歌が入るとリズムが跳ねてアップテンポに

なっていきます。

歌詞と音の波長が見事にマッチしています。

出だしはビリーアイリッシュのWHEN I WAS OLDER(映画 ROMAにインスパイアされて作られた曲)を彷彿します。

 

これ早速ダウンロードしましたが自分の曲リストを改めて見ると・・・・。

Timeという曲がトムウェイツ、デビットボウイ、レッチリ、B'zと私自身の中でもこんなにあります。(トムウェイツやデビットボウイのTime素晴らしい曲なのでぜひ聞いてみてください)

 

海外ではビリーアイリッシュ旋風が吹き荒れていますが日本に宇多田ヒカルという才能が突如現れた時を思い出します。

POPの世界で今の所、世界規模で戦えるこの方の全てが詰まった秀逸曲です!

 

 

 

木村拓哉 ソロ・アルバム 1曲目 「One and Only」 歌詞あり

「One and Only」

作詞:稲葉浩志 曲:多保孝一

 

 

 

でかい波に巻かれてもがく
プライドはなんてちっちゃいの
無心に陽光を目指して
手を伸ばす never look back

想像以上に世界は単純
生きたいともっと願おう
想像以上旅路は長いし
今更迷いはないし

叫ぼうや One and Only
もう一歩前に前に
胸張ろうや One and Only
誰にも真似させない

ほんのボタンの掛け違え
そんなつもりじゃないのに
大事なものが壊れるのは
あっけない 夢みたい

想像以上に世界はねじれ
語るほど遠のく真実
想像以上絆は強いし
C'mon c'mon また会う日まで

叫ぼうや One and Only
もう一歩前に前に
刻もうや One and Only
自分だけのステップ

Oh yeah oh yeah I'm alive
僕は独りじゃない 今は言える
きみの声は聞こえてる
柔らかい風のように
Oh yeah oh yeah そしてまた Here I go

失うものがないなんて言えない
守りたいものだってある
何かを背負って走り抜く姿
悪くなくない?

叫ぼうや One and Only
もう一歩前に前に
燃えようや One and Only
自分だけのシャウト
君だって One and Only
ほかに見当たらない
正真正銘 One and Only
かけがえのないライフ

Oh yeah oh yeah I'm alive
僕は独りじゃない きっとそうだ
その温もり 涙の粒
優しい雨のように
Oh yeah oh yeah そしてまた Here I go
Oh yeah oh yeah 歌いながら Here I go

 

 

大物の初アルバムの1曲目らしく豪華なソングライター陣です。

作詞は本人と交友がありこのアルバムを作り出すきっかけになった人だそうです。

 

B’zのボーカルの稲葉さんです。

そして曲はスーパーフライのメインソングライターの多保孝一さんです。

簡単に言うとB'zとスーパーフライの競演ですね。

曲調はほぼほぼスーパーフライと思って聞くと十八番のスーパーフライ流ロックンロールです。

歌詞は稲葉さんがキムタクとソロとしての第一歩を応援しようという気持ちであふれている感じがいたします。

かつて国民ソングとなった「世界で一つだけの花」のなかの有名なフレーズ、『No1にならなくてもいい、世界でひとつだけのOnly one」にかけているように感じます。

確かにOnly one  も One and Only も世界で一つだけですが・・・。

OneとOnlyを逆にしてandが付くだけでニュアンスが変わります。

先のOnly oneは1位しゃなくてよくて(比較しない)自分は自分らしくという意味。

今回のOne and Onlyは唯一無二。

他と比較にならないほどぶっちぎりにとか圧倒的1位という感じでしょうか?

比較しないと比較にならない。

smapで歌うOnlyとソロで歌うOnly。

この違いを感じながら聞くとこの曲の良さがより感じられます。

 

Birthday (映画「ドラえもん のび太の新恐竜」主題歌)  Mr.Children 歌詞あり

 Mr .Children 

Birthday(映画「ドラえもん のび太の新恐竜」主題歌)

作詞:桜井和寿. 作曲:桜井和寿

 

 

 

 

 

 

しばらくして 気付いたんだ 本物だって

熱くなって 冷やかして とっちらかって

 

シャボン玉が食らったように はじけて消えんじゃない?

そう思って加速度を 緩めてきた

 

君にだって2つのちっちゃい牙があって

1つは過去 1つは未来に

噛みつきゃいい

 

It’s my birthday

消えない小さな炎を

ひとつひとつ増やしながら

心の火をそっと震わせて

何度だって僕を繰り返すよ

そういつだって It’s my birthday

 

「否定しか出来ないなんて子供だしね」って

期待された答えを吐き散らかして

 

無意識が悟った通り 僕は僕でしかない

いくつになっても 変われなくて

 

It’s my birthday

飲み込んだ幾つもの怒りを

ひとつひとつ吹き消しながら

風に乗って希望へひとっ飛び

やがて素敵な思い出に変わるよ

そう いつだって It’s my birthday

 

 

 

 

It’s your birthday

毎日が誰かのbirthday

ひとりひとりその曲を

讃えながら今日を祝いたい

そして君と 一緒に歌おう

いつだって そう

It’s my birthday

消えない小さな炎を

ひとつひとつ増やしながら

心の火をそっと震わせて

何度だって僕を繰り返すよ

そういつだって It’s my birthday

そういつだって It’s my birthday

 

 

サウンドとメロディーはミスチル、十八番な感じですが

 

ここ最近のツアーをたくさんやってバンドのケミストリーが高まって

筋肉質な音に仕上がっています。

録音はロンドン、ミックスをニューヨークという豪華な仕上げも

関係しているかもしれません。

そして桜井さんの思い入れたっぷりなドラえもんの主題歌ということで

気合入っています。

歌詞が素晴らしいです。

毎日が誰かのバースデー。

テーマは命だと思います。

I LOVE... official 髭男dism

高まる愛の中 変わる心情の中

燦然と輝く姿は

まるで水槽の中に 飛び込んで溶けた

絵の具みたいな イレギュラー

独りじゃ何ひとつ 気付けなかっただろう

こんなに鮮やかな色彩に

普通のことだと とぼける君に

言いかけた「I LOVE…」

その続きを贈らせて